ディズニー

次のファストパス取得までは何時間?意外と知らないFP発券ルール

ディズニーファストパス

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱらいく管理人のあっくんです。

今回はディズニーのファストパスについての記事です。

ディズニーにはこんなことわざがあります。

ファストパスを制する者がディズニーを制す

まぁ、さすがにそれは冗談ですけどね(笑)

ただ、そのくらいディズニーリゾートでファストパスが持つ価値は高いものです。

しかし一方で、ファストパスの発券ルールは意外にもあまり知られていません。

一回発券したらしばらく他のファストパスは取得できないんでしょ?

位の知識の人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はディズニーのファストパスの発券ルールを解説していきたいと思います。

そもそもファストパスとは?

アトラクション優先入場システム

そもそも、ファストパスとは何ぞや?というところからですが、ファストパスは特定のアトラクションへの優先入場を可能にするシステムです。

人気のアトラクション、モンスターズインク”ライド&ゴーシーク!”やトイ・ストーリー・マニアなんかはその人気ゆえにかなり並ばないとアトラクションに乗ることができません。

並んでいる間、他のアトラクションを楽しんだりすることはもちろん出来ないですよね?

結果、混雑したアトラクションには乗れたけど全然ディズニーが楽しくなかったなんてことになってしまう可能性があります。

そこで考え出されたのがファストパス制度です。

事前に、

あなたは○時から○時までの間に優先的にアトラクションに乗れますよ

というチケットを配布することで、混雑するアトラクションに優先的に乗れる仕組みです。

ファストパスを利用すれば、対象のアトラクションはほとんど待ち時間なしで利用することが出来るため、アトラクション待ちのストレスを感じることなく楽しむことができます。

特定のアトラクションに導入されている

このファストパス制度、すべてのアトラクションに導入されているわけではありません。

一部の人気アトラクション限定で導入されています。

ディズニーランド
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • スター・ツアーズ
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク”
ディズニーシー
  • タワー・オブ・テラー
  • トイ・ストーリー・マニア
  • インディー・ジョーンズ
  • レイジングスピリッツ
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター
  • 海底2万マイル
  • センター・オブ・ジ・アース
  • ニモ&フレンズ・シーライダー

基本的に待ち時間が頻繁に60分以上になるような人気アトラクションに導入されています。

ただ、常時待ち時間の長いミート・ミッキー。

こちらにはファストパス制度は導入されていません。

ファストパスの発券方法

入園チケットを特定の機械にかざす

ファストパスチケットの発券方法ですが、こちらは入園チケットを特定の機械にかざすだけとなっています。

入園チケットに記載されているQRコードを機会に読み込ませると、対象アトラクションのファストパスチケットが発券されます。

発券されたファストパスチケットには利用できる時間帯が記載されているため、あとはその時間にファストパスエントランスへ向かえば、そのアトラクションを待ち時間なく楽しむことができます。

ファストパスのルール

パーク内を快適に楽しむためのファストパス制度。

ただ、ファストパスチケットはいつでも無制限に発券できるものではありません。

発券にはいくつかのルールがあります。

当日のパスポートのみ有効

まず、ファストパスを発券するための入園パスポートですが、ファストパスを発券できるのは当日のパスポートのみとなっています。

実は、昔は過去の入園チケットを使ってファストパスを発券することができました。

なので、過去のチケットを何枚も保管しておけば実質無制限にファストパスを取り放題に出来たんです。

ですが、さすがにそこは対策をされており、現在は当日のパスポートのみしか使用できなくなっています。

ネット上には古い情報のまま、

過去の入園チケットを持っていればファストパス取り放題です

なんて書いてあるサイトもありますが、ガセ情報ですので注意してください。

ファストパス発券時間

まずは発券できる時間です。

こちらは少し厄介なのですが、最初のファストパスを発券してから次のファストパスを発券するには

  • 発券してから2時間以上
  • 発券したファストパスの利用時間

上記のどちらか早い時間を待つ必要があります。

例えば、9時にビッグサンダーマウンテンのファストパスを発券したとします。

ファストパス利用時間が12時であれば、次のファストパスは発券から2時間後の11時から取得可能となります。

しかしファストパス利用時間が10時であれば、次のファストパスは10時から取得可能

になるんです。

少しややこしいですね。

おさらいすると

  1. 基本的にファストパスは発券してから2時間後から次のファストパスが発券可能
  2. ただし、ファストパス利用時間が2時間以内の場合は、ファストパス利用時間から次のファストパスを発券可能

ということです。

2時間経たないと次のファストパスは取得できないと誤解している方がいますが、2時間以内でもファストパスを取得できる場合があるというところがポイントです。

ファストパスを上手に使う方法

2時間以内に利用可能なファストパスを取得する

上記のことを踏まえると、最も効率的にファストパスを取得するには2時間以内に利用可能なファストパスを取得することが重要になります

次のファストパスを取得できる時間が短くなればより多くのファストパスを発券できます

ファストパスを利用することでアトラクションの待ち時間を大幅に削減できるため、かなりストレスを低減できます

ファストパスを取得することを優先する

そしてアトラクションに並ぶのとファストパス発券可能な時間が被った場合にはファストパス取得を優先します

ファストパスを取得できない時間にアトラクションに並ぶことが鉄則です

アトラクションに並んでしまうと少なくとも20~30分の時間をロスしてしまうことになります

まとめ

ファストパスのルールを知ればディズニーをもっと楽しめる

ファストパスを有効活用できるのと出来ないのでディズニーの楽しみ方が大きく変わります

是非、基本ルールを知ったうえで現地の状況を見てうまく立ち回れるようになってください