グルメ

松屋で290円の牛めしとプレミアム牛めしの違いを食べ比べた

松屋牛めし

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱらいく管理人のあっくん(@AKKN_110)です。

先日、柏の駅周辺を歩いていたところ、牛丼チェーンの松屋さんの前で、

牛めし 290円

の看板を見かけました。

何かのキャンペーン中なのかと思ったのですが、そんなCM見かけ無いよな・・・

気になって調べたところ、松屋さんには通常店舗で売っているプレミアム牛めしと、少数店舗で販売されている290円の牛めしがあることがわかりました。

今回は、店舗を回って290円の牛めしとプレミアム牛めしを食べ比べてみたのでその結果を記事にしたいと思います。

プレミアム牛めしと290円の牛めしの違い

プレミアム牛めし 380円

  • 関東を中心に販売されている
  • 熟成チルド牛肉を使用
  • 無添加の丼たれ
  • 国産玉ねぎ使用
  • あきたこまち100%
  • 無添加味噌汁付き
  • 黒胡麻焙煎七味付き

自然味のプレミアム牛めしはココが違う!7大特徴 | 松屋フーズ

あっくんは関東人なので松屋さんと言ったらプレミアム牛めしです。

メジャーな牛丼屋さんの中で、一番最初に実質値上げに踏み切ったのが話題になりましたよね。

今では他の牛丼屋さんも同じような価格構成になったため、プレミアム牛めし380円が特段高いという印象は受けなくなりました。

牛めし 290円

普通の牛めしについては、あまり情報がありません。

ですが、どうやらお肉の質や部位はプレミアム牛めしと違うようです。

他には、プレミアム牛めしには付いてくる「黒胡麻焙煎七味」が普通の牛めしには付かない等の違いがあります。

関東では22店しか販売しているお店がなく、埼玉と神奈川には全くないようです。

両方食べてみた

プレミアム牛めしと牛めしは併売していないため、2日間に分けて別々の店舗でいただきました

以下が管理人の感想です

290円牛めし

空腹時に食べたので最初はこんなもんだろうと特に不満もなく食べ進めました。

ただ、食べ進めるうち肉の脂のしつこさみたいなものは感じました。

肉は脂が旨みと言われますが、牛めしの脂には旨みを感じられず、ただただ口の中に残る感じでした。

ただ、料金的なことを考えればお腹は膨れるし十分満足出来る商品だと思いました。

プレミアム牛めし

牛めしを食べた翌日にプレミアム牛めしを実食しました。

先に牛めしを頂いていたため、やはりこちらのほうが旨みや肉々しさは上のように感じました。

付いてくる黒胡麻焙煎七味も味を引き立てるアクセントになっています。

ただ、90円の差額の価値があるかといわれると正直そこまでそこまで大きな違いはないように感じました。

90円の差が妥当かどうかは、人によって好みが分かれそうです。

290円の牛めしで十分お腹は膨れる

あっくんの個人的な意見としては、

290円の牛めしで十分

でした。

確かに、おいしさではプレミアム牛めしのほうが上でした。

しかし、牛丼に求めるのはあくまで

どれだけ安くお腹を膨れさせるか?

だと思います

※管理人個人の意見です

290円の牛めしはプレミアム牛めしとほぼ同等の390円で大盛を頂けます。

個人的には牛丼の質よりも、量が増える290円の牛めし大盛りのほうが魅力があると思いました。

ここら辺は、

牛めしに何を求めるか?

によって意見が分かれると思います。

昼食代を抑えるのには、牛丼はかなり重宝すると思います。

他のメーカーも、以前のような更に低価格帯の商品が登場すればサラリーマンとしては嬉しいんですけどね。