育児

泊ってみてわかった子連れハワイアンズを楽しむためのポイント

f:id:itoht12:20170314080004j:image

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱらいく管理人のあっくんです。

今回は子供を連れてスパリゾートハワイアンズ宿泊を楽しむためのポイントについての記事です。

先日、あっくんの両親と奥さん、3歳の長男と2歳の双子たちで福島県にあるスパリゾートハワイアンズへ一泊旅行してきました。

今回はあっくんがが実際に泊まってみてわかった、子供連れで宿泊ハワイアンズを楽しむためのポイントをお伝えします。

 

おすすめはオムツが取れてから

スパリゾートハワイアンズには小さな子供も宿泊でき、ハワイアンズ内で遊ぶことが出来ます。

ただし、日常的にオムツを付けている子供は「プール」「水着で入る温泉」は利用できません

利用できるのは、ワイワイオハナにあるベビープール「天使の水場」と「大浴場」に限られます。

f:id:itoht12:20171212190202j:plain

「天使の水場」は水深10cmの大人の足首程度までの浅い水場です。

こちらには水遊び用のおむつを着用して入ることが出来るのですが、少し広めのプールという程度で、遊具も全くありません

兄弟姉妹がいて、そちらを喜ばせるのが優先!

という場合には小さいお子さんを遊ばせながら面倒を見るスペースとして重宝しますが、天使の水場で遊ばせるためにハワイアンズに来るのはお勧めしません。

それであれば、ハワイアンズ以外のレジャー施設で遊ぶ方がよっぽどお子様も喜ぶと思います。

オムツが取れれば身長制限のあるスライダー以外のエリアは楽しめるので、お子様と行くのはオムツが取れてからがおすすめです。

朝から楽しみたければタオルは持参する

ハワイアンズホテルに宿泊する場合には部屋についているタオル・サンダル・館内着をハワイアンズ内で利用することが出来ます。

ただし、ここには注意が必要

ハワイアンズホテルのチェックインは13:00からです。

それまでは部屋に入ることが出来ません。

部屋のタオル・サンダル・館内着はチェックイン後から利用可能になるため、13:00前に到着してプールで遊ぶ場合にはレンタルか持参したタオルが必要になります。

バスタオルのセットは620円で借りることが可能ですが、13:00から借りられるものにお金を払うのはもったいないので、朝から楽しむ場合にはバスタオルは持参することをおすすめします。

3歳未満は宿泊費はかからないが備品が付かない

ハワイアンズホテルへの宿泊は3歳未満は無料です。

2歳でおむつが取れている子なら宿泊費無料でハワイアンズを満喫できます。

ですが、一つ注意ポイントがあります。

3歳未満は宿泊費がかからない代わりに、部屋に備え付けの備品がありません。

タオル・館内着(アロハ・ムームー)・サンダルはもちろん、布団の用意もありません。

3歳未満のお子様を連れて行く場合にはタオル・部屋着は別でレンタルするか、持参するようにしましょう

小銭は多めに持参

ハワイアンズに宿泊する場合、ハワイアンズ内の支払いは部屋付けが可能です。

食事もお土産も部屋番号を伝えればチェックアウト時の清算が出来るため、大きなお金を持ち歩く必要がありません。

ただ、唯一お金が必要になるのがコインロッカーです。

プール内、大浴場の「パレス」とコインロッカーが有料なので小銭は多めに持ち歩くことをお勧めします。

浮き輪は持参推奨

子供を連れてハワイアンズを楽しむ場合には浮き輪の持参をお勧めします。

子供用のプールエリア「ワイワイオハナ」は水深50cmから80cmと小さい子供が足を付ける深さなのですが、人気の流れるプールは最大水深100cm、大プールは120cmあります。

特に流れるプールは流れの速い所もあり、小さい子供を連れている結構怖いと思う部分があります。

ハワイアンズ内でもレンタル品がありますが、1時間550円からと一日遊ぶのであれば結構なお値段になります。

販売されている浮き輪も決して安くは無いので、一日遊ぶと決めているのであれば持参したほうが割安に済むと思います。

冬は防寒対策が必要

ハワイアンズのプールエリアの設定温度は28度とかなり高めに設定されています。

チェックイン前にホテルに到着してしまい、ご飯を食べるためにダウンコートを着てプールサイドに行ったらものすごい暑さでした(笑)

なのでプールエリアにいるうちは部屋付けの館内着で十分に過ごせます。

ただし、ホテルロビーへの連絡通路・与一・パレスへの通路には冬場はかなり寒い場所があります。

温泉に入った後はぽかぽかで涼しいくらいなのですが、温泉に入る前は本当に寒いです。

部屋付けの館内着だけではかなり堪えるため、インナーなどの防寒具を持って行くことをお勧めします。

バスタオルは交換可能

ホテル内であまり告知されていませんでしたが、濡れたバスタオルはホテルのフロントで交換が可能です

一日目に遊んで濡れてしまったバスタオルは乾かして使う必要がありません。

チェックアウト時でも対応してもらえるのでぜひこのサービスは利用しましょう。

ただし、フェイスタオルの交換は出来ません。

 

3歳と2歳の双子たちもかなり楽しんでいました。

大人としてはやはりスライダーに乗れなかった心残りがあるので、今度は子供が大きくなったらまた行きたいと思います。