ブログについて

管理人&ブログプロフィール

プロフィール画像

初めまして!

ディズニー大好きパパの子育てブログぱぱらいく管理人のあっくん(@AKKN_110)です!

当ブログはディズニーが大好きな年子・双子のパパがディズニーと子育ての情報を発信するブログです

今回はぱぱらいくを運営しているあっくんと、運営ブログ『ぱぱらいく』についてご紹介します

管理人プロフィール

名前 あっくん
趣味 ディズニーのことを語る
年齢 33歳
性別 男性
職業 会社員
生息地 千葉・東京・埼玉・茨城
家族 奥さんと3人の子供(5歳&3歳双子)

Twitterもやっているのでよかったらフォローしてください。
@AKKN_110

管理人のことを一言で表すと?

ディズニーが大好きな年子&双子のパパブロガーです。
仕事と子育て(大してやってない)、家事(大したことやってない)の合間に趣味として雑記ブログを運営しています。

サイトプロフィール

開設日 2016年12月7日
利用サービス WordPress
利用テーマ JIN
利用サーバー mixhost
ドメイン取得 お名前.com

このサイトを一言で表すと?

30代子持ち既婚男性に向けた雑記ブログ

主に30代子持ち既婚男性を意識して、読者のお役にたつ情報を発信しています。

イメージは『3年前の自分に伝えたいこと』を発信するブログです。

サイトカテゴリ

ディズニー

あっくんが好きなディズニーの中でも、特に子供連れのディズニーに役立つ情報を発信しています。

ディズニー好きな方はもちろん、

「混雑するところは嫌いだけど、奥さんや子供が行きたがるからしぶしぶ」

という方でもディズニーを楽しめるような情報をお届けします。

あっくんは子供が生まれてから東京ディズニーリゾートにハマりました。

子供が生まれる以前もディズニーは好きでしたし、奥さんともデートで時々行ってはいました。

ただ子供が生まれて子供をディズニーに連れて行ったとき、子供が喜んだ姿は今までにない格別な思い出になりました。

読者の皆さんにも同じように、ディズニーで特別な思い出を作っていただけるよう情報を発信しています。

育児

30代の子供を持つパパのための育児情報を発信しています。

パパの育児を応援する情報をお届けします。

管理人プロフィール欄にもある通り、あっくん自身が3児のパパです。

年子で双子という他の家庭より少し子育てが大変な家庭になったため、育休が取れないながら懸命に育児に関わってきました。

育児に関わる中で多くの失敗を繰り返していますし、いろいろな発見もあります。

あっくんの育児体験を通じてパパとして子育てを頑張っている方、これからパパになるという方のためになる情報を発信しています。

住宅購入

子供を持つご家庭のマイホーム購入、とりわけ注文住宅の一戸建て購入を応援する記事をお届けします。

あっくん自身、2017年に注文住宅で家づくりを経験しました。

家づくりの中では思い通りにいった部分もあれば、失敗した部分・後悔する部分も多々あります。

自身の注文住宅での一戸建て購入の経験から得た情報を、これからマイホーム購入を検討する方にお届けします。

また、管理人プロフィールにある通りあっくん自身が住宅メーカーに勤務しています。

その中で培ってきた情報も併せて発信しています。

管理人の来歴

以下は管理人の来歴です。

管理人に興味が無い方は読み飛ばしていただいて結構ですw

1984年千葉県に生まれる

1984年12月10日に千葉県のとある産婦人科で産まれました。

父親はサラリーマンで母親は専業主婦という、当時のごく一般家庭の長男として特筆すべきこともなく幼少期を過ごしました。

小学校はサッカー漬けの生活

小学校に上がると、一番仲の良かった友達がサッカーをやるという理由だけでサッカーを始めました。

ちなみに、親にサッカーがやりたいと言ったときサッカーが何かわかっていませんでした。

小学校時代は土日は全てサッカー。

平日も学校のクラブ活動でサッカー漬けの生活をしていました。

このように書くとあたかも

『サッカー上手いやつ』

に思われそうですが、実際サッカーは下手ですw

学校のクラブ活動では12人いるチームで唯一の補欠。

地元のサッカーチームでも最後の試合すら出られませんでした。

そうです、サッカーの才能は全くなかったのです。

中学高校で千葉県日本人トップに

才能のないサッカーは諦め、中学高校は割と得意だった陸上の長距離を始めます。

これが何か自分には合っていたようで、中学から少しずつ大会で表彰されることが多くなり、高校3年生の時には日本人でトップを取るまでに化けました。

ちなみに、その時千葉県トップだった選手はその後東京マラソンでも優勝し、TBS系ドラマ『陸王』にも実名で登場していました。

陸上を諦め普通の文系大学に進学

箱根駅伝常連の大学からもスポーツ推薦の話をいただきましたが、競技生活で腰を痛めてしまったため陸上の道は諦め普通の文系大学に進学します。

と言っても三流の文系大学なので大学には寄り付かず、飲食店でのアルバイトばかりをする日々を過ごしました。

長い時では朝9時から夜12時までぶっ通しで働いていました。

今考えると完全に労働基準法違反w

住宅メーカーに就職

大学を卒業後、そこそこ知名度のある住宅メーカーに就職しました。

就職してから現在まで、社内SEとして働いています。

社内SEというと

「頭よさそう」

「コンピュータの知識があるからブログ書けるんだ」

と言われますが、全くそんなことはありません。

確かに仕事柄、専門用語を耳にする機会は他の人よりあると思います。

ですが、その用語が何を示しているのかは全く分かりません。

社内のシステムを使って仕事をするのでコンピュータの知識も全くありません。

むしろExcelなどは他の部署の人の方が使いこなせていると思います。

マクロって言葉が何かわからなくても社内SEは務まります。

2011年に奥さんと結婚

2011年の10月に奥さんと結婚しました。

奥さんは小中学校の1学年上の先輩ですが、皆さんが思い描くような中学校からのラブロマンスはありません。

社会人になってから友人の紹介で知り合い、そこで初めてお互いが同じ学校だったことを知りました。

2013年に長男、2014年に双子誕生

2013年5月に長男、2014年10月に男女の双子が誕生しました。

双子が産まれるときは

  • 31週で奥さんが切迫早産で入院
  • 32週で奥さんがインフルエンザにかかり転院
  • 36週で予定より早く出産

と、かなり慌ただしい出産を経験しました。

そんな子供たちもけんかと仲良しを繰り返しながら、すくすくと成長しています。

2015年から2世帯同居を経験

長男だけでもなかなか大変な中、双子が誕生して家事・育児が立ちいかなくなりました。

当初は日中だけ長男を実家に預ける生活をしていたのですが、それもなかなかうまくいかず2015年から実家に転がり込んで2世帯同居に踏み切ることになりました。

2世帯同居は家事育児面でかなり親の世話になりましたが、奥さんは常に気が休まることの無く、板挟みになった私も辛い思いをする両面性を持った生活でした。

2017年に注文住宅で一戸建てを購入

子供も大きくなり少し手が掛からなくなってきた中、奥さんが気を休める場所を作りたいということで2017年に注文住宅で一戸建てを購入しました。

住宅メーカーに勤めている人が注文住宅で一戸建てを購入したというと

「おしゃれな家なんじゃない?」

「住み心地のいい家なんじゃない?」

と妙な期待を持たれるのですが、いたって普通の4LDKの家です。

とはいっても注文住宅なので、客間を無くしたり洗面所を広めにしたりと色々とこだわりも込めて作りました。

2017年に『抑うつ状態』発症

順風満帆に見えた生活ですが、2017年末に一気に暗雲が立ち込めます。

健康に見えていた私がある大病にかかりました。

それが『抑うつ状態』です。

抑うつ状態とは憂鬱な気持ちが長期間続き、体調面にも影響が出る病気です。

早い話が『うつ病の一歩手前』の状態です。

この抑うつ状態の症状により、会社を半年間休職することになりました。

現在は体調も順調に回復し、病気の前とほとんど変わらない生活が過ごせています。

 

以上が管理人の来歴です。

来歴の方がボリューミーになってしまいましたw

「もっとこんなこと知りたい!」ということがあればtwitterでご質問いただければ幸いです。

@AKKN_110

ブログで扱う情報について

精確な情報収集に努めておりますがその内容を保証するものではありません

当ブログで紹介するいかなる情報もご自身で精査していただきご自身の判断でご利用ください

アフィリエイトプログラムについて

当ブログではGoogle Adsense及び一部アフィリエイトプログラムを利用しています

紹介している商品やサービスをお求めいただく場合には販売元と閲覧者様の直接取引となり、当ブログは関与致しません

購入に際してはご自身の判断にてご利用いただきますようお願いいたします

リンクについて

当サイトのトップページ及び各記事へのリンクは自由です
ですが、いかなる媒体でも全文転載は禁じます

連絡先

連絡は主にtwitterを活用しています

ご連絡の際にはtwitter(@AKKN_110)へDM送信をお願いします

twitterを介さない場合にはお手数ですがコメント欄にてご連絡をお願いします