年子育児と双子育児はどっちが大変?両方を経験した私が本気で比較!

3 min 62 views
年子育児と双子育児はどっちが大変?
30代女性

30代女性

双子を連れていると「年子育児の方が大変!」と言われるのですが、実際はどちらのほうが大変なのでしょうか?

年子&双子のパパのあっくん(@AKKN_110)です!

双子を連れて歩いていると、待ち行く人に

見知らぬ人

見知らぬ人

双子って大変よね?でも、年子の方がもっと大変よ!

とお声がけいただくことがあります。

特に年配の方からお声がけいただくことが多いです

何かと比較される年子育児と双子育児ですが、実際、どちらが大変なのでしょうか?

結論から言うと、年子育児も双子育児もどちらも大変です。

年子育児の大変なこと
  • 妊娠しながら乳幼児の育児をしなきゃいけない
  • 下の子が産まれた後の安全の確保
  • 同じことを2年連続でしないといけない
双子育児の大変なこと
  • 出産リスクが高い
  • 育児量が2倍
  • 育児グッズが使いまわせない

この記事では、年子育児と双子育児それぞれの大変なことを、どちらも経験している私の立場でお伝えしていきます。

年子育児の大変なこと

年子育児の大変なこと
年子育児の大変なこと
  • 妊娠しながら乳幼児の育児をしなきゃいけない
  • 下の子が産まれた後の安全の確保
  • 同じことを2年連続でしないといけない

妊娠しながら乳幼児の育児をしなければいけない

年子育児の大変さは妊娠時点から始まります。

何故なら、妊娠しながら乳幼児の育児をしなければならないからです。

子供が何歳でも妊娠中の育児は大変ですが、子供がまだ乳幼児の場合はことさら大変です。

  • 安定期と呼ばれる期間
  • つわりがしんどい時
  • お腹が大きくなってきてから

どんな時も、上の子の面倒を見ながら妊娠期間を過ごさなければなりません。

我が家の場合は、妊娠がわかった時点ではまだ上の子の授乳をしていたので、授乳を止めないといけませんでした。

お腹が大きくなってきてからは、負荷がかかるので抱っこも禁止

切迫早産で入院してからは、面会もほとんど出来ない状況でした。

親としても大変でしたが、子供にも大きな心理的負荷があったと思います。

年子の妊娠は大人にとっても子供にとっても大変!

下の子が産まれた後の安全の確保

下の子が産まれてからは安全の確保が大変でした。

なんせ、上の子もまだ1歳児なので、やっていいことと悪いことの加減がわかりません。

当然、力加減なんてものも知りません。

目を離したすきに、下の子の周りに口に入るサイズのおもちゃが並べられてた時はヒヤッとしました

  • 基本的には下の子はベビーベッドに寝かせる
  • 出来るだけ上の子と下の子の生活環境を分ける
  • 普段から目を離さないようにする

といったことを気を付ける必要があります。

同じことを2年連続でやらないといけない

年子育児の場合、上の子でやったことを次の年に下の子の分としてやらなければいけません。

  • 検診
  • 予防接種
  • 入園準備
  • 入学準備

「やっと終わった・・・」ということが次の年になるとまたやってきます。

特に、入園準備などは

  • 用具購入
  • 名前付け
  • 入園説明会
  • 必要書類記入

など、大人が結構な労力を使ってやらなければいけないことが多いです。

これらを2年続けてとなると、やはりそれなりに大変さを感じます。

双子育児の大変なこと

双子育児の大変なこと
  • 出産リスクが高い
  • 育児量が2倍
  • 育児グッズが使いまわせない

出産リスクが高い

双子妊娠の場合、普通の妊娠と比べて高リスク出産になりがちです。

大抵のお医者さんが、

  • 大丈夫ですが、出産のリスクは少し高くなります
  • 切迫早産になる可能性がありますよ
  • うちでは双子は診られません
  • 出産は帝王切開になります

という話を嫌というほど聞かされます。

そして言われるだけでなく、実際に高リスク出産になることも多いです。

うちも切迫早産で入院しましたし、入院中の転院も経験しました。

育児量が2倍

産まれてからは、育児の量が通常の2倍になります。

  • おむつ替え
  • 授乳
  • 沐浴
  • お風呂
  • 食事

2倍なので金銭的な負担も大きいですが、やはり肉体的な負担が非常に大きいです。

大変すぎて、子供が1歳になるくらいまでの記憶があまりありません

大きくなってからも

  • 入園準備
  • 必要書類の記入

といったものには2倍の時間がかかります。

毎年春になると、入園準備や進級準備で用意するものが多いので、夫婦で徹夜しています

育児グッズが使いまわせない

双子の場合には、衣類や育児グッズも2つ必要になります。

一人だったら上の子や近所の子のお下がりを使えるんですが、二人だとなかなか使いまわせるものがありません。

やはり双子には同じものを使わせたくなります

衣類や育児グッズにかかるお金は一人の時よりもかかるので、金銭的な負担は大きくなります。

年子育児も双子育児もどっちも大変

年子育児の大変なこと
  • 妊娠しながら乳幼児の育児をしなきゃいけない
  • 下の子が産まれた後の安全の確保
  • 同じことを2年連続でしないといけない
双子育児の大変なこと
  • 出産リスクが高い
  • 育児量が2倍
  • 育児グッズが使いまわせない

年子育児も双子育児も経験していますが、正直どちらも大変です。

年子育児には年子育児の、双子育児には双子育児の大変さがあります。

「どちらのほうが大変!」という比較できる話ではありません。

そうは言っても「年子の方が!」「双子の方が!」と言ってくる人はいます。

そんな時は、「どっちも大変なんだよ!」と心の中で思いながら、右から左へ受け流しましょう。

年子も双子もどちらも大変なので、見かけたときは「お互い大変ですね」と心で思うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です